Weberグリルの特徴は、BBQグリルに蓋がついていることです

WeberのBBQグリル(コンロ)最大の特徴は、蓋がついていることです。蓋があることで、お肉、お魚などBBQの定番メニューから「ピザ」や「スイーツ」まで、誰でも簡単に「外はカリッと、中はジューシー」に美味しいBBQ料理を楽しむことができます。

Weberとは、バーベキューグリルのメーカーで、バーベキューの本場アメリカで60%以上のシェアを誇るトップブランドです。

Weberグリルは、スモークなど時間がかかる調理に最適

私が自宅の庭でバーベキューを楽しむ際は、Weberの社員さんからのアドバイスも踏まえて、2種類のコンロを使用します。一つは、WeberQ3200ガスグリルで、スモークやビア缶チキンなど時間がかかる調理をします。スモークなどが出来上がるまでの間、食べるものが何もないのは寂しいので、ホームセンターなどでよく見かける蓋のない普通のコンロを使って、すぐに食べれる焼肉を楽しんでいます。

Weberグリルは、燃料の種類別に大きく3つのタイプ

Weberグリルは、燃料の種類別に大きく3つのタイプ「炭式」「ガス式(LPG)」「電気式(家庭用電源)」があります。

私は、「炭式グリルは、遠赤外線効果があるから、食材が一番美味しく出来上がるに決まっている」と思い込んでいました。しかし先日、友達の家でWeberガス式グリルでBBQをしたら、なんと!「炭式グリルよりも、ガス式グリルの方が圧倒的に美味しかった」のでケトルをガス式グリルに買い換えました。

Weberチャコールグリルの5つの特徴

  1. 【優れた耐錆性】BBQグリルは、ホウロウでコーティングされているので、(保管状況にもよりますが)ほとんど錆びません。ホウロウの表面は、滑らかで耐摩耗性があって、一般的なバーベキューコンロと比較すると、お掃除も簡単です。
  2. 【焼きムラがない】BBQグリルは、中で熱が循環する形状になっており、食材に焼きムラがない調理を楽しめます。
  3. 【空気量が調整できる】蓋には、錆に強いアルミニウム製の空気調整弁が付いています。調理する食材の状況に応じて、グリル内に取り込む空気の量を調整することで、炭の火力の調整ができ、クオリティーの高いBBQ調理を簡単に楽しめます。
  4. 【優れた機能性のクッキング用網】ホームセンターなどでよく見かける使い捨てのBBQ網と違って、耐熱性・耐久性に優れたクッキング用の網。お肉や野菜などの食材に、美しいバーンストライプの焼き目を付けることができます。また、専用のグリルブラシを使えば、簡単にクリーニングもできます。
  5. 【ワンタッチクリーニングシステム】グリルの下についているハンドルを回すと、ボウル内の3本の羽根が動いて、灰がボウルの排出口から下の灰受けに落ちる仕組みになっています。BBQ調理中、定期的に灰をクリーニングすることで、灰が排出口を塞いでグリル内の酸素の供給量を減らす恐れがなく、長時間の調理が可能です。
  6. 【灰受けがある】灰受けは2種類あります。いずれも軽いアルミニウム製で、手軽にクリーニングできます。プレミアムチャコールグリルの灰受けは、全体が覆われており風で灰が飛ぶことは、ほとんどありません。しかし、その他のケトルは、風で灰が周囲に飛んでしまうので、飛んだ灰が食材に付かないかなど注意が必要です。

オリジナルケトルシリーズは6種類

創業当時から変わらない、Weberの歴史と技術が詰まった代表的なグリルです。 蓋を閉じた状態での熱循環は、お肉からスイーツまで「外はカリッと、中はジューシー」に仕上げます。直径57㎝の大きなサイズは、友人を招いたBBQホームパーティーに向いています。

オリジナルケトルシリーズは、その大きさや形状から、庭付き一戸建てでのバーベキューに最適です。オリジナルケトルシリーズをバーベキューのできる公園などへ持ち運ぶ際は、オリジナルケトルを運搬できる大きな台車を用意しておくことをオススメします。なぜかというと、オリジナルケトルに付いている車輪は、庭の中でレイアウトを変更する程度の移動を想定して作られているからです。

ケトルプラス チャコールグリル47cm【温度計付】/21,990円(参考価格)

ケトルプラス チャコールグリル47cm

【オススメポイント】温度計が付いていて、グリル内の温度管理ができて調理しやすい。車輪の赤いホイールが目をひいてオシャレ。シリーズ最安値。

【注意点】コンロ下にある灰受けには、囲いがありません。そのため、風が吹けば灰が周囲に飛んでしまいます。夜だと飛んだ灰が食材に付いたことに気づかず食べてしまったり、周辺の後片付けが大変です。予算が許すのであれば、オリジナルケトルプレミアムチャコールグリル直径57cm(47,990円又は41,990円)がオススメです。

【外寸(蓋を閉じた状態)】96.5cm(高さ)×57.6cm(幅)×61.9cm(奥行き)

※2020年5月27日現在、公式HPには掲載されていません。paypayモール、Amazonでは販売されていました。

【NEW】オリジナルケトル チャコールグリル直径47cm 【温度計付】/22,990円

オリジナルケトル チャコールグリル47cm / 温度計付

【オススメポイント】温度計が付いていて、グリル内の温度管理ができて調理しやすい。オリジナルケトルの中では、最もコンパクトなサイズです。

【注意点】コンロ下にある灰受けには、囲いがありません。そのため、風が吹けば灰が周囲に飛んでしまいます。夜だと飛んだ灰が食材に付いたことに気づかず食べてしまったり、周辺の後片付けが大変です。予算が許すのであれば、オリジナルケトルプレミアムチャコールグリル直径57cm(47,990円又は41,990円)がオススメです。

【外寸(蓋を閉じた状態)】91.4cm(高さ)×47cm(幅)×58.4cm(奥行き)、製品番号#1241308

【公式HP】で見る

 

オリジナルケトル チャコールグリル直径57cm/30,990円

オリジナルケトルチャコールグリル57cm

【注意点】蓋に温度計が付いていません。また、コンロ下にある灰受けには、囲いがありません。そのため、風が吹けば灰が周囲に飛んでいくので、夜だと灰が食材に付いたことに気づかず食べてしまったり、周囲に飛んだ灰の後片付けが大変です。予算が許すのであれば、オリジナルケトルプレミアムチャコールグリル直径57cm(47,990円又は41,990円)がオススメです。

【外寸(蓋を閉じた状態)】100.3cm(高さ)×57.2cm(幅)×63.5cm(奥行き)、製品番号#1341008

【公式HP】で見る

 

 

オリジナルケトル チャコールグリル直径57cm 【温度計付】34,990円

オリジナルケトルチャコールグリル57cm

【オススメポイント】温度計が付いていて、中の温度が管理できて調理しやすい。

【注意点】コンロ下にある灰受けには、囲いがありません。そのため、風が吹けば灰が周囲に飛んでいくので、夜だと灰が食材に付いたことに気づかず食べてしまったり、周囲に飛んだ灰の後片付けが大変です。予算が許すのであれば、オリジナルケトルプレミアムチャコールグリル直径57cm(47,990円又は41,990円)がオススメです。

【外寸(蓋を閉じた状態)】100.3cm(高さ)×57.2cm(幅)×63.5cm(奥行き)、製品番号#1341308

【公式HP】で見る

 

 

オリジナルケトルプレミアム チャコールグリル直径57cm【温度計付】/41,990円

オリジナルケトル57cm

【オススメポイント】温度計が付いていて、グリル内の温度管理ができて調理しやすい。コンロ下には、きちんとした灰受けが付いているので、灰が周囲に飛んでいく心配も無いので安心です。

【注意点】オリジナルケトルの中では、一番大きなサイズです。購入前に、保管場所の確認が必要です。

【外寸(蓋を閉じた状態)】106cm(高さ)×65cm(幅)×74cm(奥行き)、製品番号#14401008

【公式HP】で見る

 

 

オリジナルケトルプレミアム チャコールグリル直径57cm【GBS焼き網】【温度計付】47,990円

オリジナルケトルプレミアム チャコールグリル57cm

【オススメポイント】温度計が付いていて、グリル内の温度管理ができて調理しやすい。コンロ下には、きちんとした灰受けが付いているので、灰が周囲に飛んでいく心配も無いので安心です。

【注意点】オリジナルケトルの中では、二番目に大きなサイズです。購入前に、保管場所の確認が必要です。

【外寸(蓋を閉じた状態)】100cm(高さ)×68.5cm(幅)×57cm(奥行き)、製品番号#14401508

【公式HP】で見る

 

GBS焼き網で焼くと、格子状のバーンストライプが付きます。

Weber_GBS焼き網

ホーローコーティングの鋳鉄製焼き網です。この製品の特徴は、食材に熱が均等に伝わり、食材に必要な水分と旨味を閉じ込めたまま、最高の焼き具合を作り出します。格子状の焼き目が付き、見た目でも美味しさを演出します。

【公式HP】で見る

 

 

Weberコンパクトケトルは、温度計付きの最新モデルがお得

コンパクトケトルチャコールグリルは、Weberの代表的なグリルである、オリジナルケトルの底を浅くしたコンパクトモデルです。直径の違う2つのサイズ(直径:47cmと57cm)があり、それぞれ温度計付きの「最新モデル」と温度計なしの「旧モデル」があります。コンパクトながらも、オリジナルケトルと同じ性能で、オリジナルケトルよりも安いお値段で購入できるのも魅力です。

コンパクトケトルの車輪もオリジナルケトルの車輪と同様に、ご自宅のお庭などでレイアウトを変更する時に少し移動させることを想定して作られています。そのため、公園などで駐車場からバーベキューエリアまで移動させるのには、向いていません。ケトルをBBQのできる公園などで利用する場合は、コンパクトケトルを載せることができる大きな台車を用意しておくことをオススメします。

【NEW】コンパクトケトル チャコールグリル 直径47cm 【温度計付】/15,990円

weberコンパクト47cm最新版

【オススメポイント】蓋に温度計が付いていて、中の温度が管理できて調理しやすい。ケトルの中では、一番小さいコンパクトサイズです。

【外寸(蓋を閉じた状態)】87.9cm(高さ)×53.1cm(幅)×54.1cm(奥行き)、製品番号 #1221308

【公式HP】で見る

 

コンパクトケトル チャコールグリル 直径47cm/15,990円(参考価格)

weberコンパクト47cm

【注意点】蓋に温度計が付いていないのと、灰受けが覆われていないのでオススメではありません。同じ金額の最新モデルをオススメします。

【外寸(蓋を閉じた状態)】87.9cm(高さ)×53.1cm(幅)×54.1cm(奥行き)

※2020年5月27日現在、公式HPには掲載されていません。Amazonでは販売されていました。

 

【NEW】コンパクトケトル チャコールグリル 直径57cm【温度計付】/21,990円

コンパクトケトル最新

【オススメポイント】蓋に温度計が付いている。コンパクトサイズだから、オリジナルケトルと比べると保管場所に困りにくい。

【外寸(蓋を閉じた状態)】98cm(高さ)×56cm(幅)×63cm(奥行き)、製品番号 #1321308

【公式HP】で見る

 

コンパクトケトル チャコールグリル 直径57cm/21,990円

weberコンパクトケトル57cm

【注意点】蓋に温度計が付いていないのでオススメではありません。NEWモデルだと、同じお値段で蓋に温度計が付いているので、買うならNEWモデルがオススメ。

【外寸(蓋を閉じた状態)】98cm(高さ)×56cm(幅)×63cm(奥行き)、製品番号 #1321008

【公式HP】で見る

 

 

Weberパフォーマーシリーズは1種類限定

パフォーマーシリーズは1種類ですが、「シリーズ」と銘打っていることから、今後増えていくのではないかと期待しています。

【NEW】パフォーマープレミアムチャコールグリル57cm【GBS焼き網】【温度計付】/86,990円

パフォーマープレミアムチャコールグリル57cm / GBS焼き網

【特徴】蓋には温度計、ワゴンには調理台とツールホルダーとラックがセットになっていて、まさに至れり尽くせりの1台。 メインディッシュをチャコールグリルで調理しながらサイドディッシュを調理台で仕上げる、機能的なデザインはこのグリルでしか味わえません。Newバージョンでは焼き網がGBS焼き網になりました。

【注意点】とにかく大きい!果たして、これだけの大きさや機能が必要でしょうか?私の経験上、必要なモノを別々に購入するのが、ベストだと思います。

【外寸(蓋を閉じた状態)】110.5cm(高さ)×121.9cm(幅)×76.2cm(奥行き)、製品番号 #15401508

【公式HP】で見る

 

 

Weberポータブルグリルの特徴

Weberポータブルグリルは、大きく3種類からなります。持ち運びに便利なようにコンパクトケトルをさらに小さくした「スモーキージョー」シリーズと、「ジャンボジョー」シリーズ。それと、お弁当箱のように四角い形で、脚は折りたたみ式で持ち運びやすい「ゴーエニーウェア」です。

私のオススメは、「ゴーエニーウェア」です。その理由は、Weberの炭式グリルでは唯一四角いデザインで、その名が示す通り、どこへでも持ち運びしやすく、ファミリーでBBQが出来る公園などでバーベキューを楽しむのに最適だからです。

私にとっては、「スモーキージョー」と「ジャンボジョー」は、使い勝手が悪いです。その理由は、持ち運ぶにはやや大きいことと、丸い形なので自動車に乗せた時にはデッドスペースが生まれてしまうからです。

【スモーキージョー】プレミアム チャコールグリル37cm【限定色】/10,990円

スモーキージョープレミアムチャコールグリル37cm限定色

【コメント】期間・数量限定!持ち運びに便利なスモーキージョープレミアムにレッドが限定で登場!今だけおトクな価格で好評発売中!

【注意点】蓋に温度計が付いていないのでオススメではありません。ご予算に3千円余裕がある場合は、蓋に温度計が付いている「プレミアムチャコールグリル37cm【温度計付】/13,990円」がオススメ。

【外寸(蓋を閉じた状態)】43.2cm(高さ)×36.1cm(幅)×42cm(奥行き)、製品番号 #1123008

 

【公式HP】で見る

 

【スモーキージョー】プレミアム チャコールグリル37cm/12,990円

スモーキージョープレミアム チャコールグリル37cm

【注意点】蓋に温度計が付いていないのでオススメではありません。追加千円で蓋に温度計が付いているモデルが手に入るので、温度計付きがオススメです。

【外寸(蓋を閉じた状態)】43.2cm(高さ)×36.1cm(幅)×42cm(奥行き)、製品番号 #1121008

【公式HP】で見る

 

 

【スモーキージョー】プレミアム チャコールグリル37cm【温度計付】/13,990円

スモーキージョープレミアム チャコールグリル37cm / 温度計付

【オススメポイント】37cmモデルでは、唯一蓋に温度計が付いた最新モデル。37cmモデルを買うならこれが一押しです。

【外寸(蓋を閉じた状態)】43.2cm(高さ)×36.1cm(幅)×42cm(奥行き)、製品番号 #1121308

【公式HP】で見る

 

 

【ゴーエニーウェア】チャコールグリル/13,990円

ゴーエニウェア チャコールグリル

【オススメポイント】コンパクトボディにもかかわらず、四角いフォルムで効率よく調理できます。車にも積み込みやすく収納にも便利な形状がgood。普通に焼肉バーベキューを楽しめます。

【注意点】蓋に温度計が付いていない。コンパクトサイズなため、ビア缶チキンなどは出来ません。

【外寸(蓋を閉じた状態)】36.9cm(高さ)×53.4cm(幅)×31cm(奥行き)、製品番号 #121008

【公式HP】で見る

 

【ジャンボジョー】チャコールグリル 47cm/15,990円

ジャンボジョー47cm

【注意点】蓋に温度計が付いていないのでオススメではありません。蓋に温度計が付いている最新モデル(同じ価格)がオススメ。

【外寸(蓋を閉じた状態)】50cm(高さ)×50cm(幅)×52cm(奥行き)、製品番号 #1211008

【公式HP】で見る

 

 

【ジャンボジョー】チャコールグリル 47cm【温度計付】/15,990円

新作_ジャンボジョー

【コメント】ひときわ目をひく洗練されたデザインとコンパクトでありながら、このサイズにしては十分なグリルスペースが確保されています。BBQのできる公園などでも、それなりに本格的なBBQを楽しみたい方に最適なグリルです。温度計のついたNewバージョン。

【外寸(蓋を閉じた状態)】50cm(高さ)×52cm(幅)×50cm(奥行き)、製品番号 #1211308

【公式HP】で見る

 

 

Weberガスグリルが、実は一番美味しく焼ける!

Weberガスグリルの一番スゴイところは、炭式や電気式と比べて一番「外はカリッと、中はふっくらジューシー」に柔らかく仕上げることができる点です。なぜかというと「直火」と「対流熱」のW加熱を同時にできるからです。「直火」で食材の表面をこんがり香ばしく焼き上げながら、グリル庫内の「対流熱」が食材を包み込むように加熱するので、旨みをぎゅっと閉じ込めながらすばやく食材に火を通します。

電子レンジやトースター、オーブンと比べても、ガスグリルが最も高温になります。中までスピーディーに火が通るから、おいしさアップ&調理時間の短縮に繋がります。

ガスグリルは魚を焼くだけでなく、お肉や野菜料理、トースト、揚げもののあたため直し、グラタンやお菓子作り、スイーツにも使えるマルチプレイヤーが特徴です。

魚を焼いたグリルで他の食材を調理すると、魚のニオイが移ってしまうと思われがちですが、その心配はご無用。加熱中は食材の表面から水分が外へ出ようとするから、魚のあとに焼く食材にニオイがつくことはありません。ただし、火を消したらすぐに食材を取り出すことがポイントです。魚のニオイ移りが気になるようなら、高温で5~10分空焼きをして網の掃除をするのもおすすめです。(フッ素コートの焼網をご使用の際は、空焼き時に焼網を取り出してください。)

美味しく焼き上げるには、最適な温度での「予熱」が重要です。強火で2~3分ほどの「予熱」をすることで、表面をすばやくパリッと焼き上げ、旨みを閉じ込めることができます。両面焼タイプのグリルの場合、焼網のくっつき防止にもおすすめです。また、中までもう少し火を通したい時は、「余熱」を上手に利用します。火を止めた後の2~5分ほどグリル庫内に残しておけば、「余熱」でやわらかく中まで火が通ります。

「両面焼タイプ」は上下にバーナーがあり、表裏を同時に焼き上げます。「片面焼タイプ」は上バーナーだけなので表面を焼いた後裏返して裏面も焼きます。「両面焼タイプ」は「片面焼タイプ」と比べて、調理時間は3分の2で、ひっくり返す手間や、ひっくり返して身が崩れてしまう心配もありません。

決して安いお買い物ではないので、Weberガスグリルの購入前に、レンタルで一度試すなどしてみる方がいいかもしれません。

日本の大半の公園では、ガスグリルの使用が禁止されています。

Weber Q1200ガスグリル/45,990円

weberガスグリルq1200

【コメント】どうしてもこのモデルで無いといけない理由がなければ、同じサイズでグリルの左右に羽のような調理台が付いた、Q1250がオススメです。

【外寸(蓋を開けた状態)】62.5cm(高さ)×103.9cm(幅)×52.1cm(奥行き)、製品番号 #510620JPN

【主な調理エリア】43cm(幅)×32cm(奥行き)

【公式HP】で見る

 

 

Weber_Q1250ガスグリル/45,990円

weberガスグリルq1250

【コメント】ファミリー向けの中でも、コンパクトなサイズ。バーナーは一つなので、扱いやすいのも特徴です。4人家族で普通に使うなら、これがオススメ。

【外寸(蓋を開けた状態)】62.5cm(高さ)×103.9cm(幅)×52.1cm(奥行き)、製品番号 #510422JPN

【主な調理エリア】43cm(幅)×32cm(奥行き)

【公式HP】で見る

 

 

Q1250ガスグリル スターターセット/48,990円

Q1250ガスグリル スターターセット

【コメント】ガスグリル とアクセサリーがセットになりました。アクセサリーを一つ一つ選ぶ手間が省けるセットで、これらのアクセサリーが必要な人には、とてもお得なセットです。

私のこれまでの経験をもとに、セットに含まれるアクセサリーを解説していきます。本当に必要なのはグリルブラシ(単品:1,990円)だけです。耐熱グローブは必要ですが、バーベキューミット(単品:2,490円)ではなく、プレミアムグローブ(単品:4,890円)がオススメです。その理由は、手袋なので使いやすく、耐熱温度が高いからです。ロッキングトングは、アメリカンサイズでとても大きいです。手の小さな日本人には持ちにくいです。ホームセンターなどで自分の手のサイズに合ったトングを購入することをオススメします。プレミアムグリルカバー(単品:3,690円)は、あれば良い程度です。肉用温度計(2,490円)は、日本のメーカーの方が使い勝手と耐久性が良いです。

【外寸(蓋を開けた状態)】62.5cm(高さ)×103.9cm(幅)×52.1cm(奥行き)、製品番号 #51042208S01

【主な調理エリア】43cm(幅)×32cm(奥行き)

【公式HP】で見る

 

 

Weber®Q 2200ガスグリル/59,990円

weberガスグリルq2200

【コメント】ファミリーにちょうど良いサイズ感、持ち運びに便利、コストパフォーマンスの高いオススメの一台です。2つのバーナーがありますが、実際の調理は、中心部分のバーナーは使わず、1つのバーナーで行います。

【外寸(蓋を開けた状態)】66.1cm(高さ)×130.6cm(幅)×63.8cm(奥行き)、製品番号 #540600JPN

【主な調理エリア】54cm(幅)×39cm(奥行き)

【公式HP】で見る

 

 

Weber®Q 2200ガスグリル_black/59,990円

weberガスグリルq2200_black

【コメント】Q2200に新色の「black」が加わりました。汚れが目立ちにくいのも特徴です。

【外寸(蓋を開けた状態)】66.1cm(高さ)×130.6cm(幅)×63.8cm(奥行き)、製品番号 #540100JPN

【主な調理エリア】54cm(幅)×39cm(奥行き)

【公式HP】で見る

 

 

Weber Q3200ガスグリル/91,990円

weber_q3200

【コメント】このグリルは、専用のカートと一体型になっています。そのため、バーベキューが出来る庭付き一戸建てに最適な一台です。

自動車で運搬する際は、乗用車ではなくハイエースなど室内高のある車種で、積み下ろしは2人以上で行います。

【外寸(蓋を開けた状態)】141cm(高さ)×127.6cm(幅)×76.2cm(奥行き)、製品番号 #570621JPN

【主な調理エリア】63cm(幅)×45cm(奥行き)

【公式HP】で見る

 

 

Weber Q3200ガスグリル_black/91,990円

weber_q3200_black

【コメント】Q3200に新色の「black」が加わりました。汚れが目立ちにくいのも特徴です。

【外寸(蓋を開けた状態)】141cm(高さ)×127.6cm(幅)×76.2cm(奥行き)、製品番号 #570121JPN

【主な調理エリア】63cm(幅)×45cm(奥行き)

【公式HP】で見る

 

 

 

Weber スピリットII E-210_ガスグリル/108,990円

スピリットII E-210ガスグリル

【コメント】Q3200と比べてカタログ値では、コンパクトです。しかし、グリルの蓋が四角いので、調理エリアは意外に広くて調理がしやすいです。ファミリー向けの一台。

【外寸(蓋を開けた状態)】144.78cm(高さ)×121.92cm(幅)×66.04cm(奥行き)、製品番号 #440100JPN

【主な調理エリア】51cm(幅)×46cm(奥行き)

【公式HP】で見る

 

 

Weber スピリットII E-310/ガスグリル/120,990円

スピリット II E-310ガスグリル

【コメント】主な調理エリアは、ジェネシス2 E-310より少し小さいです。蓋はジェネシス2 E-310の方が大きくて調理はしやすいです。予算に余裕があるのであれば、ジェネシス2 E-310の購入を検討してみてはいかがでしょうか?

【外寸(蓋を開けた状態)】144.78cm(高さ)×132.08cm(幅)×66.04cm(奥行き)、製品番号 #450100JPN

【主な調理エリア】60cm(幅)×46cm(奥行き)

【公式HP】で見る

 

 

Weber スピリットII E-310/ガスグリル_red/96,990円

スピリット II E-310ガスグリル_赤

【コメント】スピリットⅡ E-310をお探しで、赤でも問題ない場合は、30,000円も安く手に入るこれがオススメです。

主な調理エリアは、ジェネシス2 E-310より少し小さいです。蓋はジェネシス2 E-310の方が大きくて調理はしやすいです。予算に余裕があるのであれば、ジェネシス2 E-310の購入を検討してみてはいかがでしょうか?

【外寸(蓋を開けた状態)】144.78cm(高さ)×132.08cm(幅)×66.04cm(奥行き)、製品番号 #450300JPN

【主な調理エリア】60cm(幅)×46cm(奥行き)

【公式HP】で見る

 

Weber ジェネシス2 E-310 ガスグリル/180,990円

ジェネシス Ⅱ E310 ガスグリル

【コメント】このガスグリル (ジェネシス2 E-310)と普通の蓋のないグリルがあれば、10人程度のBBQホームパーティーでも十分楽しめます。また、ご自宅のお庭に一台あれば、毎日の夕食に手軽にグリル料理を作ることができ、一家団らんのひとときを楽しむことができます。3バーナーのこのガスグリルでは、肉や魚はもちろんピザやケーキまで、驚くほどの美味しさに。

【外寸(蓋を開けた状態)】155cm(高さ)×137.2cm(幅)×78.8cm(奥行き)、製品番号 #610103JPN

【主な調理エリア】68cm(幅)×48cm(奥行き)

【公式HP】で見る

 

Weber ジェネシス2 E-410 ガスグリル/205,990円

ジェネシス Ⅱ E410 ガスグリル

【コメント】このジェネシス2 E-410は、他のガスグリルでは物足りなくなった、BBQ上級者向けのモデルです。

【外寸(蓋を開けた状態)】155cm(高さ)×155cm(幅)×78.8cm(奥行き)、製品番号 #620103JPN

【主な調理エリア】86cm(幅)×48cm(奥行き)

【公式HP】で見る

 

Weber ジェネシス2 LX S-340 ガスグリル/253,990円

ジェネシス Ⅱ LX S-340 ガスグリル

【コメント】ジェネシス2 E-310にサイドバーナーがついたのが、このジェネシス2 LX S-340です。3つのバーナーでメイン料理を調理しながら、サイドバーナーでソースやサイドディッシュの調理ができます。料理人やバーベキュー上級者向けのモデルです。

【外寸(蓋を開けた状態)】160.1cm(高さ)×149.9cm(幅)×83.9cm(奥行き)、製品番号 #610041JPN

【主な調理エリア】68cm(幅)×48cm(奥行き)

【公式HP】で見る

 

Weber ジェネシス2 LX S-640 ガスグリル/374,990円

ジェネシス Ⅱ LX S-640 ガスグリル

【コメント】プロの料理人向けのモデルです。普通にバーベキューを楽しみたい方には、ジェネシス2 E-310やジェネシス2 LX S-340の購入をオススメします。

【外寸(蓋を開けた状態)】160.1cm(高さ)×182.9cm(幅)×83.9cm(奥行き)、製品番号 #630041JPN

【主な調理エリア】103cm(幅)×48cm(奥行き)

【公式HP】で見る

 

Weber電気式グリルの特徴

日本では、新感覚の電気グリルです。炭火を起こす手間、炭から出る煙・匂いもありません。バーベキューが終わった後の炭火の消火、炭火の不始末による火災の心配もありません。電気式グリルは、バーベキューの先進国オーストラリアでは、公共のバーベキュー施設に設置されているケースが多く見受けられます。

特徴は、炭式グリルと違って、電源を入れてすぐに調理を始められる点です。

お手入れは、とても簡単

お手入れはとても簡単で、毎回行うことは、「焼き網」と「キャッチパン」を綺麗にするだけ。

「キャッチパン」にアルミホイルを巻いておくと、お手入れがとてもラクになります。キャッチパンを交換する場合は、100均などでサイズが合うものを選べば、お財布にも優しいので、オススメです。

 

WeberQ1400電気式グリルの「4つの特徴」とは

  1. 【準備はとても簡単】 家庭用電源(100V)に繋いで、スイッチON!すぐにバーベキューを始められます!
  2. 【温度調整も簡単】 ダイヤル一つで食材に応じた最適な温度に設定出来ます。
  3. 【後片付けも簡単】 使用後は、専用のブラシで鉄板についた食べ物カスをこすりとって終了!
  4. 【グリルの熱は冷めにくい】 グリルや網(鉄板)は分厚く冷めにくい。夏場であれば、電源をオフにしてから、冷めるまで1時間程度かかる。

BBQ終了後のグリルの熱は、冷めにくいので注意が必要です。

Q1400電気式グリル/45,990円

weber_Q1400電気式グリル

【特徴】蓋に温度計が付いている。室内での利用が可能。

【注意点】室内だと意外に大きく感じるので、購入前に置き場所を決めておくことをオススメします。

【外寸(蓋を開けた状態)】59.7cm(高さ)×68.6cm(幅)×52.1cm(奥行き)、製品番号 #52020013

【主な調理エリア】43cm×32cm

【公式HP】で見る

 

あとがき

Weberは、近年特にガスグリルの研究・開発、普及に力を入れています。繰り返しになりますが、私もかつては「食材は、炭火の遠赤外線効果で美味くなる」を信じてやまない1人でした。しかし、ガスグリルのすごさを知ってからは、すっかりガスグリルでのバーベキューにハマっています。皆さんも機会があれば、ぜひガスグリルでのバーベキューを体験してみてください。これからは、炭火よりもガスグリルの時代がやってきそうです。

バーベキューは、食事とコミュニケーションの両方を楽しめます。炭火、ガスグリルにこだわらず、各々が楽しめるスタイルを見つけてください。