Weber Park 東京お台場

2018年6月16日(土)世界初となるWeber直営、Weberグリルの特徴である蓋付きグリルが体験できる「Weberパーク」が、レインボーブリッジや自由の女神、東京タワーなどの絶景を楽しめる、東京お台場にオープンしました。

Weber Parkは、「美味しい食事」「楽しい時間」「Weberグリル体験」の3つの楽しみがあります。その中でも「Weberグリル体験」こそが、他のレストランとは一線を画す、最大の魅力です。

事前予約制で、バーベキュー場所は確保されます。週末、夏休み、春休みには家族連れや会社のレクで賑わっていて予約が取りづらい状況が続いています。平日は、外国人観光客や仕事帰りのサラリーマン、OLなどを中心に賑わっています。予約をしなくても、当日に空きがあれば利用できます。しかし、席の保証は無いので事前予約することをオススメします。

私が実際にWeber Parkを利用した時の感想も交えながらご紹介いたします。これから「Weber Park」を利用して、バーベキューを考えているあなたのお役に立てれば幸いです。

世界各国で開催され、専門のシェフからBBQのコツを習得することができるWeber公式ワークショップ「Grill Academy」も日本初上陸。さらにWeber Parkには、“BBQの博物館”をコンセプトにしたストア「Weber Store」も併設されていて、Weber Parkでのバーベキューを終えて、すぐにお気に入りのアクセサリーやBBQグリルを購入することもできます。

Weber Park 東京お台場は、どんなところ?

Weber Parkは、アクアシティーお台場の7階・屋上にある、有料・要予約のバーベキュー施設です。施設は、Weberグリルと同じ「黒」を基調にしたデザインで、上質でエレガントな雰囲気に包まれています。最大174人(6人掛け×29テーブル)が、同時にBBQを楽しむことができます。

写真中央のサイドテーブルの左側には、Weber社製のガスグリルQ3200と(白い蓋のグリル)と右側には炭グリルのオリジナルプレミアムケトル57cm(黒い蓋のグリル)、テーブルと椅子のセット、開閉式の屋根が付いています。

ウェーバーガスグリルとケトル

Weber Park施設情報

施設名 Weberパーク【公式HP】
所在地 東京都港区台場1丁目7−1アクアシティ お台場 7階・屋上
電話 050-3134-3031(11:00~21:00)
営業期間 3月末〜11月30日 ※ご予約は、3月より受け付けています。
営業時間 11時〜21時
定休日

無休

新型コロナウィルス感染拡大の状況によっては、臨時休館の可能性あり。

後片付け

炭火の消火は、施設でしてくれます。

バーベキューで出た全てのゴミは、施設で処分してくれます。

テーブルの上の片付け、ゴミの分別は、利用者で行います。

アクセス

【電車】

●ゆりかもめ線「台場駅」から徒歩約1分

●りんかい線「東京テレポート駅」から徒歩約6分

【自動車】

●首都高速湾岸線「臨海副都心IC」から約960m

●首都高速11号台場線「台場IC」から約1.4km

●首都高速湾岸線 「有明IC」から約2.4km

※出発地点を入力するだけで、施設までのルート、所要見込み時間を検索できます。
駐車場

駐車場 900台

駐車場料金は、上限がありません。(最初の1時間まで500円(以降30分毎に250円))

周辺の駐車場料金よりも高めの料金設定です。ご利用の際は、別途アクアシティーに用事があるなど、駐車場の割引きを有効活用するのがオススメです。

 

Weber Parkバーベキュー利用時間

施設に食材を注文する「プレミアムシートプラン」と、自分たちで食材を用意する「持ち込みプラン」で利用時間は異なります。また、「持ち込みプラン」の場合は、平日と土日祝日でも利用時間は異なります。

プレミアムシートプラン

【曜日を問わず】

11:00〜15:00(最大4時間)

17:00〜21:30(最大4時間30分)

持ち込みプラン

【平日】

11:00〜16:00(最大5時間)

17:00〜21:00(最大4時間)

【土日祝】

11:00〜14:00(最大3時間)

15:00〜17:30(最大2時間30分)

18:30〜21:00(最大2時間30分)

※持ち込みプランでも、飲み放題プランは、プレミアムシートプランと同様に同額でつけることができます。

Weber Parkキャンセルポリシー

3日前まで・・・キャンセル費なし

1-2日前・・・ご利用金額の50%

当日・・・ご利用金額の100%

詳しくは、施設にご確認ください。

Weber Parkメニュー(4種類)

同一グループの皆様は、同じコースの注文になります。

同じグループで、別々のメニューを注文することは出来ません。

スタンダードコース ¥3,700/1人

1.ナチョス

2.グリル野菜

3.チキンウィング

4.ジョンソンヴィルソーセージ

5.チーズバーガー

6.ポークチョップ

7.スモア

コース内容には、ドリンクは含まれていません。

デラックスコース ¥4,700/1人

1.ナチョス

2.グリル野菜

3.ケサディーヤ

4.ジョンソンヴィルソーセージ

5.以下の3種類の中から2種類選べます

*ガーリックシュリンプ

*プレミアムバーガー

*鶏もも肉

6.スモア

コース内容には、ドリンクは含まれていません。

プレミアムコース ¥6,700/1人

1.ナチョス

2.グリル野菜

3.ピザ

4.ジョンソンヴィルソーセージ

5.以下の3種類の中から2種類選べます

*スモークサーモン

*牛サーロイン

*ベビーバックリブ

6.バナナボート

コース内容には、ドリンクは含まれていません。

持ち込みプラン ¥2,200

持ち込みプランに含まれる消耗品

紙皿プレート人数分

箸人数分

ペッパー・塩・オイル適量

持ち込みプランに含まれるレンタル品

温度計(食材用)

グローブ

ブラシ

タイマー

トング

Weberトング

ハサミ

アラカルトメニュー

ガーリックシュリンプ ¥3,000

ベビーバックリブ ¥3,500

丸鶏 ¥4,000

牛サーロイン ¥4,000

サーモン ¥2,000

プレミアムバーガー ¥1,800

プロシュート付きピザ ¥1,800

キッズメニュー

キッズチーズバーガー ¥1,000

キッズピザ ¥1,000

当日売り切れの場合もございますので、ご予約をオススメします。

ドリンクメニュー

飲み放題パッケージ(2時間制)

ソフトドリンクパッケージ ¥900

ビール・サワー・ハイボールパッケージ ¥1,600

アルコール&ソフトドリンクパッケージ ¥2,200

単品メニュー

ソフトドリンク ¥500

コカ・コーラ

ジンジャーエール

ピンクレモネード

アイスティー

ウーロン茶

オレンジジュース

グレープフルーツジュース

モックテール ¥600

コークジンジャー

コーク&トニック

コークオレンジ

ジンジャートニック

オレンジジンジャー

グレープフルーツジンジャー

ジンジャーエールティ

オレンジトニック

ピンクレモネード&オレンジ

ピンクレモネード&グレープフルーツ

アルコール ¥800

カールスバーグビール

ハウスワイン白

ハウスワイン赤

ジムビームハイボール

リキュール各種

ウォッカ

ラム

サワー各種

ジン

Weber Park東京お台場を紹介します

テーブルごとに開閉式の屋根がついています。しかし、お隣さんとの屋根の間には、20cm程度の隙間があります。また、サイドカーテンは無いので、傘が要らない小雨程度であればBBQができそうです。私たちが利用した時は、雨ではなく晴れていましたが、その隙間から夏の暑い日差しが座席に差し込んできました。

ウェーバーパークでバーベキューを楽しむ人たち

傘が必要なくらいの雨の日は、雨がっぱを用意するなど、しっかりとした雨対策が必要です。

WeberParkの受付は、屋上に出てすぐ目の前にあります

こちらが、受付です。屋上に出てすぐ目の前にあります。クレジットカードなどのキャッシュレス決済にも対応しています。

ウェーバーパーク受付

しかし、キャッシュレス決済は、日によっては使えないこともあるそうなので、現金も必要です。

Weber Parkその他の施設

ウェーバーストアー

こちらが、ウェーバーストアーです。受付の奥にあります。Weber Parkで使ったガスグリル、ケトル、そして、グリルのお手入れ道具などのアクセサリー類が、気に入ったらすぐに、その場で購入することができます。

ウェーバーストアー

もちろん、購入せずに見るだけでもOK。

Weber Parkは、ビアガーデン風としても利用できます

私たちがBBQをしたこの日の夜、海外からの外国人観光客がフラッと訪れてビールと、おつまみを注文して、レインボーブリッジや東京タワーなどお台場からの夜景を楽しんでいました。

ウェーバーパークからレインボーブリッジの夜景

スタッフさん曰く、空席がある時は、ドリンクを注文して、このようにビアガーデン風としても利用できるとのこと。外国人観光客も、連日たくさん訪れるそうです。 それにしても、綺麗な夜景ですね。

アクアシティお台場神社

ここ、アクアシティお台場神社の由来は、お台場地域の人たち、また遠方から訪れる観光客の人たちの心の安らぎの場所として建立されました。

アクアシティお台場神社

この神社に関係する人たちの厄除け開運、商売繁盛、良縁祈願、情報機器の安全を願ってこのお台場地域の親密をはかり、また訪れてくださる方々の家内安全、交通安全、身体強健等を祈願してくれます。

アクアシティお台場神社の由来

【感想】レインボーブリッジや東京タワーが見える場所でお参りができて、この場所だけの特別感を味わえました。明日から、また気分一新、頑張ろうという気持ちになりました。

Weber Parkオススメのポイント

事前予約で場所が確保される

予約が取れれば、当日の場所取りの心配はありません。

小雨なら安心してBBQが楽しめる

全てのサイトの上に開閉式テントの屋根があります。お隣さんとの屋根の間に、約20cmの隙間があります。そのため、傘が要らない程度の小雨であればBBQが楽しめます。

手ぶらBBQもOK!

Weber Parkの売店では、お肉やシーフードなどの食材、各種ドリンク(ソフトドリンク、アルコール類)、取り皿などを販売しています。

Weber Parkは、安くてお得です

レインボーブリッジや自由の女神、東京タワーの絶景とバーベキューが楽しめる場所は、ここしかありません。

多くのバーベキュー施設では、入場料金や施設利用料金が必要ですが、ここWeber Parkでは、一切かかりません。食材のお値段も、お台場にしては良心的なお値段です。安く楽しむには、持ち込みプランがオススメです。食材全てを持ち込むのが大変な場合は、スタンダードコース(¥3,700/1人)を注文して、追加食材を持ち込むのもアリですね。

炭はオーガニックで安全、安心です

施設で用意してくれる炭は、Weber社製の人、環境、食材に優しいオーガニック100%の自然素材(厳選ココナッツの殻)でできた炭です。蓋を閉じてステーキ肉などを焼いても、木炭などと違い、食材に嫌な匂いがつかない優れものです。

Weber Park必須の持ち物

Weber Parkのあるアクアシティーお台場の目の前には、お台場海浜公園の海が広がります。海を遠くから見ると綺麗で、泳げそうな気もしますが、実は、東京都の条例で、水質基準が満たされていないために、海水浴場として認められていません。水遊びが大好きなうちの子どもたちを、バーベキューが終わった後、お台場海浜公園の海沿いで足を付けて遊ばせようかと思いましたが、やめておきました。

遊び道具・サンダル(長靴)・着替え

とはいえ、子供たちがどうしても海で水遊びを楽しみたいと言った時に備えて、虫カゴやバケツを用意しておきました。これらがあると、捕まえた生き物を観察しやすいので、オススメです。夏場ならサンダル、素足が寒い季節なら長靴必須!びしょ濡れ覚悟で着替えも一式準備しておきましょう。

日焼け止め

Weber Parkには、屋根がありますが、完全に日差しを遮ることはできません。知らず知らずのうちに日焼けしてしまいます。

また、お台場海浜公園の海岸には、日差しを遮るものが何もないので、日焼け止めは必需品です。

「Weber Park」口コミ(google mapより)

否定的なレビュー

手ぶらでBBQ楽しめるのはいいですね。ただ店員さんの対応がいまいち。料理の提供も遅かったのと、道具も揃ってなかったりということもありました。飲み放題は長蛇の列ができてましたね。(2019年6月、Pepper Ghostさん投稿)

食べ物は美味しかったのですが、料理を度々忘れられたり、最初のものに関しては20分ほど来なかったです。隣の席の方などは丁寧に教えてあげたり焼いてあげたりしているのに対して私達の席は一度もなく、困っていて目があってもスルーでした。最後には隣の席の人のドリンク代をサービスしていて通常料金で払ってる私達が馬鹿みたいでした。(2019年6月、山口美咲さん投稿)

肯定的なレビュー

ただ単に見様見真似のBBQをするのでなく、本場のBBQを調理の段階で楽しめるようにグリルテンダーさんが指導してくれた。BBQは奥が深い。Weberを買って勉強します。 最高の宴会になりました。社員全員満足でした。 夜景が素晴らしいですねー!(2019年6月、AJUさん投稿)

真夏の夕方に手ぶらバーベキューで利用しました。持ち込み自由なのでドリンクも肉も野菜もスーパーマーケットで買いました。車で行くときは、なるべく上の階に止めるといいと思います。持ち込みで場所とグリルを借りて2000円。行った日はカードが使えませんでした。眺めが良くて、蚊もいなくてただ大変暑かったですが、楽しめました。肉とか飲み物も頼むことができますが、やや高めです。大人数のパーティーよりも暑くても大丈夫なご家族の方の方がいいかもしれないです。(2019年9月、Kazuhito Tsutsumiさん投稿)

自由を感じられて最高に楽しめました!(2019年11月、kyoko yamaguchiさん投稿)

否定的なレビューに対しての個人的な解説

私が利用した時も、料理の提供が遅かったです。また、道具も揃っていなかったりしました。なぜ、このようなことが起きるのか、その原因を探るべくスタッフさんに色々と教えてもらいました。その結果をお伝えします。

店員さんには、アルバイトスタッフさんと社員さんがいる

アルバイトスタッフさんの主なお仕事内容

売店で、ドリンクや食材の販売、料理の提供。

料理の提供が遅れている時は、スタッフさんがお客さんの状況を把握できていないことが多いです。

社員さんの主なお仕事内容

受付やウェーバーストアーでの接客対応。

グリルテンダーは、社員さんにお願いしましょう

グリルテンダーは、社員さんにお願いしましょう。なぜかと言うと、社員さんの方が、グリルの知識量、説明の仕方、人間力ともに圧倒的に上だからです。

私がバーベキューした時、受付をしてくれた社員さんの対応は、普通に良かったです。

しかし、売店で料理の提供や道具を渡してくれたアルバイトスタッフさんの対応は、どこかまとを得てないことが多く、イマイチだと感じました。

料理の提供が遅いと感じた時は、待つのではなく、自らもらいに行く方が時間を有効に使えて良いと思います。道具が揃っていない時も同様で、もらいにいきましょう。

Weber Parkの利用者は、一般のお客さんとWEBERの招待客がいます

一般のお客さんには、焼き手のサービスやドリンクの無料サービスは付きません。一方、WEBERが招待するお客さん(Weberコンロの販売代理店など)には、スタッフさんが専属で焼き手をするなど、きめ細やかなサービスが提供されます。

そのことを知っておくと、「隣の席の方とのサービス内容の差」で不快に感じることは、減ると思います。

Weber Park 利用後の感想

Weber PARKでは、忘れられないバーベキュー体験が出来て、また来たい!と思う楽しい空間でした。

友達家族と総勢11人で利用しました。持ち込みプランではない、プレミアムシートプランの「デラックスコース」を選びました。 追加食材やドリンクの持ち込みは無料なので、蓋付グリルを使った調理を楽しみに、ステーキ用のお肉や野菜をスーパーで買っていきました。 自分たちでも食材を持ち込むことで、完全手ぶらの罪悪感から解放されるし、適度に手抜きができて楽しかったです。

ちょっとした手洗い用の水道はありますが、流し台がとても小さく(狭く)て、お野菜などを洗うのには不向きです。事前にお家などでカットするなどしておく事をオススメします。 夕方以降に利用すると、レインボーブリッジや東京タワーなど、とても綺麗な東京の夜景を見ながら、バーベキューを楽しめるます。

フリースペースで楽しめる公園などでのバーベキューの良さとは全く違う楽しさが、ここWeber PARKにはあります。

以下、2019年にWeber Parkでバーベキューした時の様子をご紹介します。

2019年デラックスコース(全6品)の紹介

サイドメニュー「アソートグリル野菜」

サイドメニュー「ナチョス」

前菜:「ケサディーヤ」

メイン(2品):「フエダイ」「牛ランプ」「鶏もも肉」(3種類の中から2種類選べます)

デザート:「チョコレートブラウニー」

レシピ:グリルスキルを高めるテクニック(調理方法が記載されています)

 

こちらは、サイドメニューの「ナチョス」です。そのままでも美味しく食べれますが、レシピ通りに加熱調理した方がパリッとして美味しかったです。

ナチョス

メイン料理の一つ「鶏もも肉」です。食材の下ごしらえは済んでいて、お好みに応じてオリーブオイルと塩コショウをかけて焼きます。

チキン(焼く前)

下の写真は、鶏もも肉をレシピ通りに調理をしました。蓋を使うことで「焼く」と「蒸す」が同時にできます。

「焼く」ことで、不要な水分を外に出します。「蒸す」ことで、必要な水分を食材に閉じ込めます。

それにより、表面はカリッ、中はふっくらジューシー、とても美味しく出来あがりました。大満足です。

チキン

ナイフやまな板、肉用トング、お肉の中心温度を測るための温度計など、必要なものは貸してくれるので、とても便利です。

デザートのチョコレートブラウニーも、ガスグリルで調理します。

チョコレートブラウニー(焼く前)

下の写真が、チョコレートブラウニーの焼き上がりです。写真では伝わりにくいですが、表面はカリッと、中はしっとり、美味しく焼きあがりました。

チョコレートブラウニー

これまで、バーベキューといえば、ホームセンターなどでよく見かける、一般的な蓋のないバーベキューコンロを使った焼肉バーベキューしか経験がありませんでした。しかし、今回、蓋つきのガスグリルを使ってお肉のみならずスイーツまでもが、こんなに美味しく焼き上げることが出来るとは、目からウロコの驚き体験でした。

 

良かった点

1.Weberの蓋つきグリル(ガス式、炭式の両方)を試せる。

2.オシャレなグリルで、映えて美味しいバーベキューを楽しめる。

3.フラッと訪れて、ドリンクを注文すれば、ビアガーデン風に利用できる。

4.3パターンある飲み放題プランの中から、一人一人(グループ単位ではない)、好みに応じて注文できる。

5.毎年、メニューがリニューアルされるて、毎年訪れても飽きることがない。

【BBQ利用方法】

Weber parkでのBBQ利用方法は、以下のいずれかのプランをwebまたは電話で予約します。

【プレミアムシートプラン(コース料理)】 施設にコース料理を注文するプラン。追加食材やドリンクの持ち込みは、無料でOK。ガス式グリル(Q3200)、炭式グリル(57cmプレミアムケトル)の両方を使用してバーベキューを楽しめます。

【持ち込みBBQプラン】 お好みの食材とドリンクを持ち込むプラン。 グリルテンダー(施設のスタッフさん)が、お客様が持ち込んだ食材をガス式グリル(Q3200)、プラス1,000円で炭式グリル(57cmプレミアムケトル)を使用し、最高の出来上がりになるように、アドバイスしてくれます。

 

Weber Park注意事項

●ご予約は、ご利用予定日の1ヵ月前から3日前15時まで可能です。

ご予約後に人数の増減がある場合にもご利用日の3日前15時までに必ずご連絡ください。

●お席のご指定につきましては、ご要望に添えない場合もございますので、予めご了承ください。

●アレルギー食材がある場合は、「ご要望とご質問」欄にご記入ください。

●ベビーカーや車いすでのご来場の場合は、「ご要望とご質問」欄にご記入ください。

●店舗内は全面禁煙ですので、アクアシティお台場館内の喫煙エリアをご利用ください。

●ご予約のお時間30分を過ぎてご連絡が取れない場合はやむを得ずキャンセル扱いとさせていただく場合がございますので遅れる場合は必ずご連絡ください。

【プレミアムシートプランご利用について】

●同一グループの皆様は同じコースのご注文をお願いしております。

●【DELUXE】 【PREMIUM】 コースをご注文の際は、<メイン>①②③から2つお選びいただき、「ご要望とご質問」欄に番号をご記入ください。

●コース内容にはドリンクは含まれていません。

●【A la carte】 【Kids menu】 【Drink】 メニューをご注文の際は、お食事コース選択後に 「+他のコースを追加する」 からご予約ください。

●各コースにアラカルトメニューを追加することが可能です。

アラカルトの金額は1個単位ですので、ご希望の個数を選択ください。

●【A la carte】のみ、 【Kids menu】のみ、 【Drink】のみのご予約はできませんので予めご了承ください。

【BYO(持ち込み)プランご利用について】

●「コース選択」から、「BYO(持ち込み)」を人数分お選びください。

●【Drink】メニューをご注文の際は、お食事コース選択後に「+他のコースを追加する」からご予約ください。

●炊事、調理器具洗浄用の洗い場はございませんので、食材は予め下準備いただきお持ちください。

【お子様連れの場合】

●5歳以下は無料です。

●6歳~12歳のお子様は下記人数を選択、キッズメニューをお選びください。

 

【キャンセルポリシー】 

以下のようにキャンセル費用が発生します。

ご利用日(ご予約日)の3日前まで・・・キャンセル費なし

1-2日前・・・ご利用金額の50%

当日・・・ご利用金額の100%

Weberとは、世界シェアNo.1のBBQグリルメーカーです

1952年、Weber社の創業者ジョージ・スティーブンは、自宅で使っていた蓋のない火鉢のようなバーベキューグリルに不満がありました。勤務先のWeber Brothers Metal Worksで海上用のブイを製作していた時、そのブイの形状にヒントを得て、ブイを上下半分にカットしたような、球状のバーベキューグリルを製作。その後、試行錯誤を繰り返し、今ではBBQの本場アメリカでバーベキューグリルNo.1のシェア(60%以上)を誇るまでに成長し、アメリカでは知らない人は居ないくらいのトップブランドに成長しました。 今日では、Weberグリルは世界72以上の国や地域で販売されており、世界中で多くの人々がWeberのグリルでバーベキューを楽しんでいます。

Weberグリルの特徴

Weberグリルの特徴は三つあります。

一つ目は、丸い蓋。

二つ目は、食材を調理するための分厚い鉄板。

三つ目は、美しい光沢と錆に強いホウロウでコーディングされたグリル。

この丸い蓋と分厚い鉄板、熱伝導性に優れた設計の相乗効果で、オーブンと同じように食材に均等に熱を通すことができる仕組みを実現しました。

バーベキューパーティーで、スモークやステーキ肉などを調理する際、蓋を適切に使用し、温度管理もきちんと行って、じっくりと調理することで、ステーキ肉やお魚(魚介類)は、外はカリッと、中はふっくらジューシーに焼き上げることができます。お野菜は、みずみずしく焼き上げることができます。

また、お庭の中など、短距離であれば移動も出来るので、簡単にレイアウト変更が可能です。

WEBERガスグリルの特徴

創業から30年以上が経ち、Weber社はそれまでのガスグリルの常識を覆す、Genesisという名前のガスグリルを発売しました。

当時のアメリカの一般的なガスグリルは、急に火が立つ傾向がある溶岩石を使っていました。しかし、Genesisでは、火の急な燃え上がりを抑えるために、溶岩石ではなく金属バーを採用し、熱伝導性を高めるために、金属バーの角度を緻密に計算しました。更に、お肉から出る油を流す溝を彫るなど改良を加えたことで急な火柱も立ちにくくなりました。 食材をガスの火力で焼くのではありません。ガスの火力で加熱した鉄板と、蓋を閉じることで発生する循環した熱を利用して均一に食材を焼きます。

ガスなので、炭のように火力(温度)にムラがなく、火力を均一に保つことが出来ます。

蓋を上手に使うことで、温度(火力)を一定に保つことができ、必要な水分は食材に閉じ込めて、不要な水分は煙として外に逃すのが特徴です。

この蓋を上手に使うことで、お肉や魚介類だけでなく、ピザやスイーツも簡単に調理することが出来ます。

Weberグリルのレンタルショップ一覧

Weberのガスグリルや炭グリルのレンタルを取り扱っている、関東と関西のレンタルショップ一覧です。

大阪では、焼き手付きのレンタルショップもあるそうです。 是非、チェックしてみてください。

Weberグリルのご紹介

WEBERのグリルごとの特徴、オススメポイントを紹介しています。ご購入前などに、是非一度ご覧ください。